http://www.pecs-pc.com  info@pecs-pc.com

有限会社ペックス

ぺっくん

from July/14/2000

更新 2017/02/26


リンクフリーです


このページの
メニュー
 
商品
 
ソフト開発
 
無料ソフトウェア
 
ちとアイデア
 
お知らせ
 
パソコン出張設定
 
個人情報の保護


LSI・PCBの電子回路設計技術、ネットワーク構築技術、ソフト開発力を持ち、企画・提案から販売までを行う技術者集団です。

技術力提供から機器システム提案、ソフト開発提案、販売、教育、サポートまでのトータルサービスを行います。

個人情報の保護についての弊社の姿勢
商品


電話の通話録音・管理システム
(デジタルボイスロギング)

LANテレコーダー
アナログ1回線モデル
(フラッシュメモリ内蔵)
LANAN2-JP

本体価格55,000円



USBテレコーダー
ビジネスホンモデル
USBHS2-JP

本体価格33,000円


標準添付の管理ソフト以外に、
LANやインターネット上の他の
PCから閲覧できるソフト
もあります。



 USB対応ナンバーディスプレイアダプター

USBCID3-JP
USBCID4-JP

  (インバウンドの通話記録を
    顧客管理データベースへ)

顧客管理ソフト着信管理ソフト の開発も安価で承ります。
  


  <不景気対策  
  ・新規事業開拓>
 
    御社独自製品として
  ナンバーディスプレイアダプタを使った
  顧客管理システムを販売しませんか?
 


ソフト開発(プログラミング) 安価で承ります。

ナンバーディスプレイアダプタや通話録音装置テレコーダーなどに関するソフト開発をはじめ、 他の用途での開発も承ります。

下記のフリーソフトのカスタマイズは税別5万円から。
下記同様のソフトウェア開発は税別10万円から。

お客様が御社名で一般に販売をご希望の場合もご相談ください。

このページ右上の電子メールアドレスにご連絡下さい。

開発言語は下記のフリーウェアと同じです。

社内規定により、ソース公開はしません。

<開発例>
ある装置が記録した画像データのインデックスファイルの診断ソフトと修復ソフトを作成しました。

ある装置の不具合を検出するため、その装置の古い型のログの解析支援をするソフトを作成しました。

現在の業務の時間短縮・コストカットにソフトウェアを活用することをご検討ください。

法人様・個人様を問わず、個別のソフトウェアを開発・活用することにより、スキルアップや業務の効率アップのお手伝いをします。
↑TOP↑


<無料ソフトウェア>

他愛のない、小さな、簡単なソフトウェア(PC用の無料アプリと呼ぶほうが伝わりますでしょうか)です。

Windows7以上でしたら、そのままお使いいただけます。

それ以前のWindows、(XP/Vistaなど)の場合は、ソフトをダウンロードして、使用できるか確認してみてください。
使用できるようでしたら、必要なシステムがインストールされているパソコンかと思われます。

もし使用できない、エラー表示になるようでしたら、下のリンク先のサイトからシステムをダウンロードし、インストールしてから再度お試しください。

Microsoft .NET Framework 3.5


ソフトウェアは Net Framework の環境にて、プログラミング言語 C# で開発しました。

ただし、ソフトウェアの下部に広告が入ります。
当初は弊社の広告のみです。
先々、他社様の広告も考えています。

ローカル・オフラインの環境のPCでも使用できます。

パソコンの適当な場所にダウンロードしてご使用ください。

なお、このソフトウェアをインストール、使用したことにより発生した一切の不具合には対応いたしません。
それについて、弊社は責任を負いません。
(弊社内で使用実績のあるソフトのみ掲載。)

新機能のご要望はありがたいですが、個別のご要望は有償カスタマイズをお願いいたします。
(汎用性があり、弊社内でも欲しい機能でしたら、追加する可能性もありますが)

以下、各ソフトの紹介ですが、タイトルをクリックするとダウンロードできます。

☆2016年10月7日にソフトのデザインを変更しました。
 機能変更についてはそれぞれのソフトウェアの説明に追加しています。



<フリーウェアのもくじ>

1.10進⇔16進
2.ネットワーク情報取得
3.文字列検索(改行キーを含む)
4.ショートカットのリンク先の確認
5.ファイルモニター
6.テキスト⇔文字コード(ヘキサ)
7.正規表現が使用可能な文字列検索
8.DICOMファイルから情報取得
9.画像からExif情報(位置情報など)を取得
10.保存すると失われる形式の文字を検出
11.文字列検索(指定フォルダ内全ファイル)
12.バイナリ検索(指定フォルダ内全ファイル)
13.ファイル分割

ダウンロード・インストール時にご確認を。



1.10進⇔16進

文字通り、10進と16進の数の変換ソフトです。

上の枠に返還前の半角数字や16進数字を入力し、2つのボタンから変換方法を選んで押していただければ、下の枠に結果が出ます。

桁数に制限がありますが、制限以上のケタの計算をしたい場合はご連絡ください。

実際は、例えばFFFFFFFFh(Fが8ケタのヘキサ)を10進数に変換するには、
半分のケタのFFFFh(Fが4ケタのヘキサ)を10進に変換すると65535ですので、

(65535+1)×(65535+1)−1=4294967295

と求められます。

まあ、これをソフトの中で行えばいいのではと言われればそれまでですが。

☆タイトルをクリックするとダウンロードできます。

from 2015/10/11

ダウンロード・実行時のご確認  ↑フリーウェアのもくじ↑  ↑TOP↑


2.ネットワーク情報取得

そのPCの接続環境など6種の情報を、ボタンを押すことによって表示します。

通常はこれをプロンプト(旧DOS画面)に入力するのですが、これはその結果情報をメモ帳を開いて表示します。
IPアドレスを入力する欄もありますので、ping と tracert も実行できます。

実行できるもの
・netstat -a
・netstat -s
・arp -a
・ipconfig /all
・ping
・tracert

☆タイトルをクリックするとダウンロードできます。

from 2015/10/11

ダウンロード・実行時のご確認  ↑フリーウェアのもくじ↑  ↑TOP↑


3.文字列検索(改行キーを含む)

まず、検索対象のテキストファイルを指定します。
(バイナリファイルも指定可能です)

その下の大きめのテキストボックスに、改行も含めて検索したい文字列を入力します。
つまり、複数行の検索文字を指定できます。

別の場所でコピーした文字列をここにペーストの形でも入力できます。
(タブは直接入力できませんので、上記の方法(コピー&ペースト)で入力してください。)

検索結果は、その文字列が指定ファイル内にいくつあるのかが表示され、その後、

指定ファイル名_entsearch_result.txt

のファイルが指定ファイルのあるフォルダに作成されそれが表示されます。
(あらかじめ、その名前のファイルがないことをご確認ください。あると上書きされますので。)
閉じてもそのファイルは残ります。

その結果ファイル内で、検索文字が改行以外すべて(タブを含む)、1文字が半角の「@」(アットマーク)1文字と置き換えられます。

メールアドレスなどの、指定ファイル内にすでにある「@」との混在にご注意ください。

☆タイトルをクリックするとダウンロードできます。

from 2015/10/29

ダウンロード・実行時のご確認  ↑フリーウェアのもくじ↑  ↑TOP↑


4.ショートカットのリンク先の確認

テキストボックスが2段あります。

上のテキストボックスのすぐ右に「・・・」と書かれたボタンがあり、これをクリックしてフォルダを選びます。

下のテキストボックスに、サーバ名や特定のフォルダ名を入力し、その下のボタン「ショートカットのリンク確認」をクリックします。

すると、上のテキストボックスで選んだフォルダ内、最下層までにある全ショートカット(「〜.lnk」ファイル)をチェックして、検索文字がそのリンク情報に含まれているか確認し、結果を最後にメモ帳を開いた状態で表示します。

弊社では、データサーバを変更する際にそこへのリンクの変更確認のために使っています。

サーバへのリンクを確認する際は、まず検索文字として半角¥マークを2つ(¥¥)入力すると、サーバへアクセスするショートカットがどれかわかりますので、そのショートカットのプロパティをご確認ください。それがサーバ名の確認にもなります。

注:日本語名には対応していません。検索する文字列は半角英数を入力してください。

☆タイトルをクリックするとダウンロードできます。

from 2015/10/31

ダウンロード・実行時のご確認  ↑フリーウェアのもくじ↑  ↑TOP↑


5.ファイルモニター

これは複数のファイルからなりますので、ダウンロードした圧縮ファイル(zip)を適当な場所に展開してください。

Readme.txt がありますので、その内容を確認してください。

簡単に説明を書きます。

exeファイルは5つありますが、実行するのは filemonitor.exe のみにしてください。
他の fm00.exe 〜 fm03.exe の4つのファイルはそのままでも実行できますが、いろいろな機能が使用できない状態ですので、 filemonitor.exe のみを起動してください。

イニシャルファイル filemonitor.ini の内容はデフォルトです。一度 filemonitor.exe でファイルを選べば、それが保存されます。

内容は、お使いのPCの過去の起動と終了の時間を記録。(結果が出るまで、数十秒〜数分かかります。弊社の環境では20秒弱でした。)

3ファイルまで指定し、それらのファイルの直前の「作成・削除(ファイル名変更も含む)・内容変更」の日時を記録します。

単にチェックするだけもできます。結果は CSV ファイルに記録します。「結果表示」ボタンをクリックすると、エクセルが起動して表示されます。

「Check」と書かれたボタンを押したり、タイムスケジュールの実行をする前に、必ず「設定」ボタンを押して設定を保存してください。

このソフトについては、上記4つのソフトとは違い、システムにもアクセスしますので、内容をご確認の上ご使用ください。
(システムへのアクセスは閲覧だけです。書き換えはしていません。)

☆タイトルをクリックするとダウンロードできます。

from 2015/10/31

ダウンロード・実行時のご確認  ↑フリーウェアのもくじ↑  ↑TOP↑


6.テキスト⇔文字コード(ヘキサ)

文字列(半角・全角)を文字コード(2ケタまたは4ケタのHex)に変換します。

また、文字コード(2ケタのHexのみ)をテキストに変換します。

本ソフトのトップには、「テキスト⇔バイナリ」とありますが、実際にはバイナリーデータではなく、文字コード(ヘキサ・Hex)です。
紛らわしくてすみません。

文字列からはほとんどの文字を文字コード(2ケタ・4ケタ)に変換できますが、文字コードからは2桁ずつしか見ていません。

☆もしどうしても4ケタのヘキサもテキストにというご希望が多いようでしたら、4ケタ用のボタンも作りますので電子メールでご連絡ください。

☆タイトルをクリックするとダウンロードできます。

from 2015/12/01

ダウンロード・実行時のご確認  ↑フリーウェアのもくじ↑  ↑TOP↑


7.正規表現が使用可能な文字列検索

正規表現で検索できるソフトです。

文字列検索と書いてありますが、実際にはその検索対象文字列を含んだ行を探すものです。

「対象ファイル」の枠の右の「・・・」ボタンを押してファイルを指定し、「検索する文字列」に正規表現を含む文字列を入力します。

この「検索する文字列」の枠には、単なる検索文字列(正規表現を含まないもの)でも使用可能です。

「検索実行」をクリックすると、検索対象文字列を1つ以上含む行の数が表示され、そこで「OK」をクリックすると、対象のファイルがある場所に

対象のファイル名_seikisearch_result.txt

という名前でファイルが作成されて、それが表示されます。
(検索対象文字列が1行に複数ある場合もあります)

同じ名前がすでにある場合はご注意ください。上書きされますので。

検索対象が見つかった行の先頭に
「@@@@@<Found>@@@@@」(全て半角)
がついていますので、これを検索して対象ファイルを確認してください。

正規表現の勉強にもどうぞ。

☆タイトルをクリックするとダウンロードできます。

from 2015/12/02

ダウンロード・実行時のご確認  ↑フリーウェアのもくじ↑  ↑TOP↑


8.DICOMファイルから情報取得

DICOMという医療機器に関する画像データ&検査&個人情報のデータ管理の規格があります。

このソフト上で、DICOM規格によって作成された画像ファイルを指定すると、その画像ファイルに埋め込まれている検査情報・個人情報(静止画・動画を除く)をそこから抜き出して表示します。

結果は対象ファイルのある場所の
「対象ファイル名_DICOMinfo.html」
に保存され、Webブラウザが起動して表示されます。

タグやVRなどのうち、緑の太字になっている部分に、そのウィンドウがアクティブな状態でマウスオン(マウスポインタをその文字に合わせる)すると、その説明が表示されます(規格書の説明をそのまま使用なので英語です)。

対象ファイルかどうかはファイル内の指定された判別箇所に特定の判別文字があるかどうかで判断していますが、もしDICOMファイルなのに拒否されるということがありましたら、このページ右上の電子メールアドレス宛にお知らせください。
DICOMファイルと確認された場合はそのファイルにも対応できるよう、このソフトを改良します(検証に使用したデータが一部の企業の装置のものしか入手できなかったため)。

DICOMファイルは弊社で把握している限り、拡張子がないもの、拡張子が DCM であるものなど、定まっていないようなので、選択時にすべての種類のファイルが表示されます。

また、簡易ソフトのため、ファイル内に指定の判別文字がある場合でも、その部分より後のデータが壊れている場合のエラー処理はしていません。

結果ファイル上の説明をどの規格書から引用したかは、結果ファイルに記載します。

☆タイトルをクリックするとダウンロードできます。

修正情報
・2016/3/23 VRが読めない場合・VRが存在しない場合でも、グループタグとエレメントタグで判断できるようにしました。結果ファイルをテキストファイルからHTMLファイルにしました。タグやVRに説明をつけるためです。
・2016/4/9 データ長がずれている場合でも対応できるよう、グループタグ長情報がある場合はそれで記録位置を補正できるようにしました。規格書にある一部のUIDにコメントをつけました。ソフトのトップ表題に最終修正日(リリース日ではありません)を追加。

from 2016/03/10

ダウンロード・実行時のご確認  ↑フリーウェアのもくじ↑  ↑TOP↑


9.画像からExif情報(位置情報など)を取得

まず、フォルダを指定します。

「実行」を押すと、そのフォルダ直下の全画像ファイル(bmp、jpg、gif、png、tif)から、撮影日時、地図情報(北緯・東経からGoogleマップへのリンク)、撮影した装置情報を取得し、画像と共に一覧表にします。

結果は「image-info.html」に保存して、それを開きます。

画像と地図情報はホットリンクになっています。
画像をクリックすると別画面で大きな画像が表示されます。
インターネットに接続した環境で地図情報をクリックすると、Googleマップが開き、その座標にマークがついて表示されます。

フォルダ内の画像のインデックスファイルとしてお使いください。
(地図情報は、「この写真、どこで撮ったのだっけ」なんて時に特に便利です)

メモリ消費を考え、ファイルごとに保存先のHTMLファイルに保存していますので、画像が多い場合は少々時間がかかるかもしれません。

このソフトも、オフラインで実行可能です。マップ情報表示の場合はインターネットに接続した環境で行ってください。

☆2016年3月30日に改版しました。

変更点:プログレスバーを付けました。処理中でも「応答なし」にはなりません。でも、1フォルダの画像ファイル数は、PCのVideoボードやメモリにも依存しますが、50〜100程度までにするようお勧めします。

☆タイトルをクリックするとダウンロードできます。

from 2016/03/26

ダウンロード・実行時のご確認  ↑フリーウェアのもくじ↑  ↑TOP↑


10.保存すると失われる形式の文字を検出

ホームページやPDFファイル上の文書をメモ帳に保存する場合などに、次のような表示が出てそのままでは保存できない経験はないでしょうか。

『ANSI テキスト ファイルとして保存すると失われてしまう Unicode 形式の文字を含んでいます』

この「文字」とはどの文字を指しているのでしょうか。
それを見つけるソフトウェアです。

上記の表示が出たら、その文書を「全選択」→「コピー」して、このソフト上のテキストボックスをクリックして「ペースト(貼り付け」し、「調査開始」をクリックしてください。

貼り付けられた文字列とShift-JIS形式に変換した場合で対象の文字とその場所が、そして貼り付けられた文字列とこの上記メッセージの「ANSI形式」(x-ms-cp932)に変換した場合で対象の文字とその場所が次のファイルに保存され、表示されます。

「exclusiontext_result.txt」

☆2016年3月30日に改版しました。

変更点:テキストボックスにデータがない状態で「調査開始」をクリックした場合、反応なしとなるようにしました。

☆タイトルをクリックするとダウンロードできます。

from 2016/03/26

ダウンロード・実行時のご確認  ↑フリーウェアのもくじ↑  ↑TOP↑


11.文字列検索(指定フォルダ内全ファイル)

このソフトは、パソコンの適当な場所においてください(対象フォルダに置く必要はありません)。

「対象フォルダ」のテキストボックスの右にある「・・・」ボタンをクリックし、検索対象のフォルダを指定します。
指定されたフォルダのみが対象で、その下位フォルダは対象にはなりません。

その下の「検索する文字列」のテキストボックスに、検索する文字列を入力してください。

「検索実行」ボタンを押すと、検索が開始され、そのすぐ下にプログレスバー(進行状況を表示)が現れます。
プログレスバーが右端に到達し、検索が終了すると、メモ帳で結果が表示されます。
その結果は、このソフトを置いた場所と同じ場所に「searchfromfiles_result.txt」のファイル名で保存されます。
(あらかじめ、この名前のファイルがないことをご確認ください。あると上書きされますので。)

その結果ファイル内には、対象フォルダの全ファイル名が<>に囲まれた形で記録され、検索文字が見つかった場合はそのすぐ次の行に、その対象ファイル内の見つかった場所の行数と、その1行が記録されます。

全ファイル対象ですが、一度実行すると、実行開始時にファイル「searchfromfiles_result.ini」が作成され、ここで除外ファイルの拡張子を設定できます。
拡張子名は3文字のものと4文字のもののみですので、それ以外の文字数の場合をご希望でしたら、ページトップの右にあるメールアドレスあてにご連絡ください。

プログレスバーが動かない状態(特定のファイルで処理に時間がかかっている場合)で、途中でやめたいときは、右上の「×」を2〜3回クリックして強制終了し、除外拡張子を設定して再実行してください。

☆2016年6月29日に改版しました。

変更点:結果ファイルの先頭に対象ディレクトリ(フォルダ)名、次の行に検索文字を書くようにしました。行数が1行分ずれていたのを修正しました。

☆タイトルをクリックするとダウンロードできます。

from 2016/6/24

ダウンロード・実行時のご確認  ↑フリーウェアのもくじ↑  ↑TOP↑


12.バイナリ検索(指定フォルダ内全ファイル)

ファイルの種類は拡張子で判別されますが、バイナリエディタで開くとわかるように、ファイルの先頭付近に判別用のマーカーがあります。
判別文字(コード)が置かれる場所もそれぞれのファイルの種類で決まっています。
拡張子に関わらず、特定の規格のファイルをフォルダ内から探すためのソフトです。

このソフトは、パソコンの適当な場所においてください(対象フォルダに置く必要はありません)。

「対象フォルダ」のテキストボックスの右にある「・・・」ボタンをクリックし、検索対象のフォルダを指定します(直接入力・コピー&ペーストも可)。
指定されたフォルダのみが対象で、その下位フォルダは対象にはなりません。

その下の「検索する16進文字列(0〜9とA〜Fのみ。偶数けた)」のテキストボックスに、検索する文字列(ヘキサのコード)を入力してください。

「検索実行」ボタンを押すと、検索が開始され、そのすぐ下にプログレスバー(進行状況を表示)が現れますが、テキストの検索よりずっと長くかかりますので、気長におまちください。
プログレスバーが右端に到達し、検索が終了すると、メモ帳で結果が表示されます。

その結果は、このソフトを置いた場所と同じ場所に「searchbinfiles_result.txt」のファイル名で保存されます。

結果例(検索文字:「4449434D」)

  <D:\sample.dcm>
  位置:80h 値:0000000000[4449434D]0200000055
  <D:\sample.exe> 除外対象
  <D:\sample.txt>

全ファイル対象ですが、一度実行すると、実行開始時にファイル「searchbinfiles_result.ini」が作成されます。
これはテキストファイルで、除外ファイルの拡張子を3文字のものと4文字のもののみ設定できます。

☆タイトルをクリックするとダウンロードできます。

from 2016/10/7

ダウンロード・実行時のご確認  ↑フリーウェアのもくじ↑  ↑TOP↑


13.ファイル分割

ソフトウェアの結果ファイルやログファイルなどで、思いがけなく容量が大きくなってしまったテキストファイルを開くのに苦労することがあります。

これはそんなファイルを分割するソフトです。

まず、「対象ファイル」の右にテキストボックスがありますので、そのさらに右の「・・・」ボタンをクリックして、分割するファイルを選択します。

次に、出力するファイル内での改行文字を「CR+LF」と「LF」から選び、ラジオボタンを押します。
(Windows上で使用するファイルの場合は「CR+LF」をお勧めします)

次に、分割方法を3通りから選びます。

次のデータを分割した場合

(例データ)
 def
 abc
 def
 abc
 abc
 def
 abc
 abc


分割方法1:指定文字列の前の行で分割を実行(全行)

分割文字「ab」の場合(この場合は「a」でも「abc」でも同じ)

 def
 -----ファイルの区切り
 abc
 def
 -----ファイルの区切り
 abc
 -----ファイルの区切り
 abc
 def
 -----ファイルの区切り
 abc
 -----ファイルの区切り
 abc


分割方法2:指定文字列の前の行で分割を実行(連続行は無視)

分割文字「ab」の場合

 def
 -----ファイルの区切り
 abc
 def
 -----ファイルの区切り
 abc
 abc
 def
 -----ファイルの区切り
 abc
 abc


分割方法3:指定行数分割

数字「1」から「3」の順に クリックして選択・入力・クリック してください。

1.「対象ファイルの行数を調査」ボタンをクリックすると、対象ファイルの行数を計算して表示します。

2.「分割する行数」の右に、半角数字を入力します。「1」以下の半角数字の場合は「1」と解釈されます。半角数字以外はエラーになります。

3.「左行数ごとに分割を実行」をクリックすると、分割を開始します。


対象ファイルは変更せず、対象ファイルがある場所に
「対象ファイル名_日付時刻14桁_整理番号4桁.元の拡張子」
のファイル名で分割されたファイルを保存します。

対象ファイルの最後の行がの空白行の場合はその行が無視されます。


☆タイトルをクリックするとダウンロードできます。

from 2017/02/01

ダウンロード・実行時のご確認  ↑フリーウェアのもくじ↑  ↑TOP↑


☆ ダウンロード・インストール時にご確認を

ダウンロード完了時ブラウザによっては次のようなメッセージが出ます。
ダウンロードしたユーザー数が少ないため、PCに問題を起こす可能性があります。 削除 実行 ダウンロードの表示
画像をクリックすると実際のサイズになります。画像は IE11

また、Windowsでソフトウェアを実行すると、次の表示が出る場合があります。
WindowsによってPCが保護されました Windows SmartScreen は認識されないアプリの起動を停止しました。このアプリを実行すると、PCに問題が起こる可能性があります。 詳細情報 実行しない
画像をクリックすると実際のサイズになります。Windows10の画像

ここには「実行しない」ボタンしか見えません。実に意地悪です。

このメッセージ内の左側中央にある「詳細情報」をクリックしてください。 すると、「実行しない」ボタンの左に「実行」のボタンが現れますので、「実行」ボタンをクリックして実行してください。
WindowsによってPCが保護されました Windows SmartScreen は認識されないアプリの起動を停止しました。このアプリを実行すると、PCに問題が起こる可能性があります。 アプリ: 発行元: 不明な発行元 実行 実行しない
画像をクリックすると実際のサイズになります。Windows10の画像

↑フリーウェアのもくじ↑  ↑TOP↑



<ちとアイデア>

弊社だけでは実行できない、
社内で即実行が断念されたアイデアです。

興味がございましたらご一報ください。

ご興味がございましたら代わりに実行して
いただいてもかまいませんが、
あらかじめご一報ください。


1.文字表示広告システム

原則として、お店のガラス越しや目立つ場所に取り付けます。
インターネットに接続することが前提です。
取り付ける物は、横スクロールのLEDネームプレート。
広告内容を横スクロールで基本的に文字のみで表示。

これを設置店枠、地域枠、都道府県枠、全国枠、そしてニュース枠に、30分から1時間をシェアし、表示します。
インターネットに接続して、PCから入力して流す文面を設定。
各枠にはパスワードが一緒に送信されることによって、侵害無しに。

目的:設置店、地域、都道府県、全国レベルの広告が、あたかも同レベルで表示され、その同時表示機数によって広告価格が決定される。

設置店にも充分にメリットがある為、設置をお願いしやすい(購入してもらう)

断念理由:初期コスト



2.住宅設計の簡易化

これは当たり前と言われれば当たり前ですが。

PC上で(またはWebサイト上で)お客様に土地の形やサイズ、部屋割りを入力してもらうことにより、その場でカスタマイズの設計結果を複数提示し、そこからの選択によって見積もり・構造計算・各種申請書・部品発注の準備ができ、各手数を省きます。

もちろん、建築士に確認のみを依頼することによって、設計作業にあてる費用の大幅なコストダウンを図れます。

断念理由:初期コスト・建築士への協力の依頼
(建築士の仕事を奪う方法のため)

↑フリーウェアのもくじ↑  ↑TOP↑


<お知らせ>

  • 通話録音管理システム
    「HDDテレコーダー」「USBテレコーダー」「LANテレコーダー」

  •     通話記録していますか?
        テープで大丈夫ですか?
        電話での顧客対応を管理していますか?
        発信者番号は記録されますか?
        データベースと連携できますか?


       ○電話の通話記録の管理
       ○電話の通話記録のメール送信
       ○通話記録をデータベースと連携させることも可
       ○USBタイプで発信者記録(ナンバーディスプレイ)対応は
          「テレコーダー」だけ!

       それぞれビジネスホンタイプ、アナログ回線タイプがあります。
          HDDテレコーダー(HDD内蔵、ネットワーク対応)
          USBテレコーダー
          ☆USBHS-JPは、特に、「音の良さ」と「業界最安値」で
             評判です。
          ☆USBAN-JPは、このタイプでナンバーディスプレイ対応は
             他にはありません。

       まずはお問い合わせ下さい。

       詳細→通話録音管理システム「テレコーダー」


    ↑フリーウェアのもくじ↑  ↑TOP↑

    パソコン(PC)出張設定サービス


    弊社販売の各機器の設定作業も、これに含みます。

    個人様、法人様に関わらず、パソコン(PC)出張設定サービスをご利用下さい。

    設定時、お客様の立場に立ったアドバイスも行います。

    パソコン(PC)出張設定の料金(現金払い・銀行振込のみ)

    作業料:60分まで5,400円(5000円+消費税等8%)
         以降は15分単位での計算
         (1350円/15分)

    出張費:交通費+時間に対して30分単位で計算。
         (1時間換算で5,000円+消費税等8%)

         交通費は、京王線千歳烏山駅から計算。
         (弊社から千歳烏山駅までは片道15分で計算します。)

    パソコン(PC)出張設定の対象地域


    東京都:23区、市
    千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区
    墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区
    渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区
    板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区
    八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、府中市
    調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市
    国分寺市、国立市、狛江市、多摩市、稲城市、西東京市

    千葉県:北西部
    千葉市、市川市、船橋市、松戸市、野田市、習志野市
    柏市、流山市、八千代市、我孫子市、鎌ヶ谷市
    浦安市、印西市、白井市

    埼玉県:南東部
    さいたま市、川越市、川口市、所沢市、春日部市
    狭山市、上尾市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市
    入間市、鳩ヶ谷市、朝霞市、志木市、和光市
    新座市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市
    坂戸市、鶴ヶ島市、吉川市、ふじみ野、市三芳町
    松伏町

    神奈川県:
    川崎市、横浜市、横須賀市

    ☆上記以外でも、対応いたします。

    注:作業に必要なソフトやハード等の調達費用は別です。

    注:パソコン出張設定の作業は、全て、御相談しながらになりますので、必ず御在宅下さい。

    注:パソコン出張設定作業中に、外部からの電話に対応する場合があります。
      その場合は、その時間分を差し引いて計算します。

    注:設定の日は、土曜日、日曜日を御指定いただけたら幸いです。

    パソコン(PC)出張設定サービスのお問い合わせ


      電子メール info@pecs-pc.com

    ↑フリーウェアのもくじ↑  ↑TOP↑


    個人情報の保護についての弊社の姿勢

    1.利用目的による制限
      弊社では、お客様から得たお客様からの情報は、
      弊社内でそのお客様への対応、
      又は統計的な目的以外に使用しません。
      よって、お客様個人を限定してお客様以外の者に
      対して使用することは決してありません。

    2.適正な取得
      弊社では、お客様の個人情報について、
      違法性のある方法で、又は、
      違法性のある業者や個人からの取得を致しません。
      もし、風評などによってお客様からの個人的な情報を取得
      してしまった場合には、その情報を社内で使用する場合
      には、必ず信頼できる形での裏づけをとります。

    3.正確性の確保
      お客様御本人から直接頂いた情報でない場合は、
      必ず信頼できる情報かどうかを確認致します。
      また、全ての情報にタイムスタンプを添付し、管理いたします。

    4.差別の排除
      弊社が取得した情報によって、お客様を不当に差別
      することは致しません。
      また、差別目的で使用することも致しません。
      この場合の差別とは、人種・地域・思想・外見・性別
      ・年齢・外的内的障害によるものを指します。
      なお、この「地域」は、弊社が販売対象とする国における地域です。

    5.安全性の確保
      弊社では、お客様の情報は、責任者を置き、
      その責任者が一括管理致します。
      例えば、お客様からの情報は、特定のパソコンにのみ蓄積させ、
      それを保存するメディアの保管場所は特定の場所で一括管理します。
      また、電子メールや取引上のやり取りでの、
      どうしても分散してしまう個人情報は、
      そのグループ内で担当の責任者が、お客様の情報が
      正しく管理されているかどうかを定期的に
      チェックする方法を取ります。

    6.透明性の確保
      お客様の情報が万が一にも洩れてしまった場合は、
      ホームページ上で一定期間(最低1ヶ月)御報告を掲示し、
      該当するお客様へは、発覚後出来るだけ早く
      (せいぜい数営業日以内に)何らかの方法で
      御報告致します。

    7.国際的移転の制限
      弊社で取得したお客様についての個人情報を
      海外に持ち出すことは決して致しません。

    8.個人情報の破棄
      弊社で取得したお客様についての個人情報を破棄する場合は、
      その情報が外部に洩れないような手段をとります。
      例えば、シュレッダーで裁断した上での破棄、
      読み取りが不可能な状態にした上での破棄を致します。

    9.代理店間でのお客様情報の取り扱いについて
      弊社の各商品の販売を担当する代理店へは、
      弊社へお問い合わせ頂いたお客様を代理店に担当させる場合、
      お客様の情報の一部をその代理店へ連絡する場合があります。
      その場合の情報は、その商品を販売するための最小限のものとし
      その代理店から外部に情報が洩れないように致します。

    以上

    ↑フリーウェアのもくじ↑  ↑TOP↑


    Copyright(C)2007 pecs inc. All Rights Reserved.
    有限会社ペックス
    〒181-0003 東京都三鷹市北野2-4-27 info@pecs-pc.com FAX:0422-76-6527

    低価格長時間通話録音電話録音通話記録 テレコーダー
    USBHS2-JPUSBAN-JPUSBAN2-JPAN1-100JPAN4-100JPAN8-100JPLANAN2-JP
    USB対応ナンバーディスプレイアダプター PCTI(CTI) 着信記録 着信管理 着信履歴 顧客管理
    ナンバーディスプレイアダプタ FS-A01 USBCID2-JP USBCID3-JP USBCID4-JP
    taikyokuken
    ソフトウェア・ソフト・アプリケーション・アプリ・Androidアプリ・開発・プログラミングのご相談もどうぞ。